色々な不妊治療

助成してくれる制度

日本では、住んでいる地域によって不妊治療にかかる費用を助成してくれる制度があります。体外受精を行う際にかかった治療のうち胚移植を行った場合は150,000円、以前に凍結した胚を解凍して移植した場合は75,000円などの助成金を受け取ることが出来ます。また、それだけでなく体調不良などで移植ができずに治療が終了した場合や採卵した卵が状態が良くなかった場合や受精できなかった場合など治療が行えなくなった場合にも助成金を受け取ることができますので利用することでかなり金額的にサポートしてもらうことができます。 このような助成金を受け取るためには指定された医療機関で不妊治療を行うことが前提となっていますので病院を選ぶ際には注意が必要です。

平均的な価格

不妊治療にかかる費用は、治療内容がステップアップするごとに高くなっていく傾向にあります。 タイミング法と呼ばれる、不妊治療の中でも一番簡単なステップの場合は定期的に病院で卵子の成長を確認して必要があれば女性ホルモンを補充して卵子を育て、排卵されるタイミングで夫婦生活をとります。この場合にかかる費用は、診察代と薬代などで1回につき数百円から2,000円程度で卵管造影などの検査を行うと検査費用が別途かかります。1周期あたり5,000円から20,000円程度が一般的です。 体外受精の場合は、卵子を育てて採卵し体外で受精させて女性の体内に戻すという治療が行われますがこの場合は1周期あたり平均で500,000円の費用が必要になるケースがほとんどです。